〒215-0015
神奈川県川崎市麻生区虹ケ丘3-1-15-303

お問い合わせ

×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

日本環境衛生振興会
HOME»  ブログ記事一覧»  店長日記»  細菌とウイルスの違い

細菌とウイルスの違い

細菌とウイルスの違い

パート15
細菌とウイルスの違い
 
細菌というのは、よく「ばい菌」とも言いますが、自分で細胞を持っています。人間に病気を引き起こす細菌は、人間の体の中に入ると、人間の細胞に取り付きます。細菌は、この細胞に取り付き、細胞の栄養を吸い取って、代わりに毒を出して細胞を殺してしまいます。栄養を吸い取った細菌は、自分が分裂して、仲間を増やしていきます。
 
一方、ウイルスは細菌よりずっと小さく、自分で細胞を持っていません。ほかの細胞に入り込まなければ生きていけないのです。ウイルスが人間の体に入ると、細胞の中に入り込み、その細胞に、自分のコピーを作らせるのです。細胞の中で自分のコピーが大量に作られると、やがて細胞は破裂して死んでしまいます。破裂したとき、細胞の中から大量のウイルスが飛び出し、ほかの細胞に入り込みます。こうして
ウイルスが大量に増えていくのです。
 
細菌の場合は自分の細胞を持っているので、細菌をやっつける薬を造ることができます。抗生物質といって、細菌の細胞を攻撃することができる薬です。 ところがウイルスには細胞がありませんから、ウイルスをやっつけることは困難です。ウイルスを攻撃しようとすると、ウイルスが入り込んでいる人間の細胞を壊してしまう恐れがあるからです

2015-11-08 07:18:57

店長日記   |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント